子供の身長から分かる肥満度チェック

食事をたくさん摂れば背が伸びると勘違いしている親もいますが、飽食の現代では肥満児となってしまう可能性もあります。

 

子供の健康にも良くないので身長を伸ばすために、むやみやたらと食べる量を増やすのは止めましょう。

 

肥満度を簡単な計算式で知る

たくさんの食べ物があふれる現代の子供は、肥満になる可能性が昔より高くなっています。

 

自分の子が肥満体型なのか知りたいのであれば、計算式を用いましょう。

 

身長や体重を計算式に組み込むことで、肥満度が分かるようになっています。

 

まず、身体の標準的な重さを算出します。

 

小学生の子供の場合、メートル単位の身長を二乗して13をかけます。

 

今度は肥満度の計算です。

 

体重から先程判明した標準の重さを引き算して算出したものを、標準の重さで割って、100%を掛けます。

 

この計算結果が20%以上になると、肥満体型だと判断されます。

 

ご飯やお菓子をたくさん食べさせている、あまり身体を動かさない子は肥満になりやすいため、親御さんがしっかりと子供の生活習慣をチェックしなければなりません。

 

肥満体型のまま成長すれば、将来的に生活習慣病にかかりやすい体質になる危険があります。

 

大切なわが子の健康のためにも、太り過ぎないように成長を促すことが大切です。

 

肥満を回避しながら背を伸ばすには?

子供が太ってしまうのは運動不足よりも、必要以上に食べ物を摂取するのが原因です。

 

人は消費カロリーより摂取カロリーが多いと、太るように出来ています。

 

とはいえ、食べ物は大切なエネルギー源ですので、食事制限を失敗すれば、身長が伸びないなどの栄養不足を招きかねません。

 

肥満体型にならないように背を伸ばしてやるなら、サプリメントを活用するとよいでしょう。

 

ドクターセノビルやアスミール、カラダアルファといった子供の成長を促すサプリメントがたくさん販売されています。

 

背を伸ばすのに貢献してくれるアルギニンや亜鉛、ビタミンやミネラルなどの栄養素がこれらのサプリメントに凝縮されています。

 

栄養がたっぷりなのに非常に低カロリーですから、毎日のように摂取しても太ってしまう心配がありません。

 

食事量を適量に抑えつつ、これらのサプリメントで栄養補給してあげることによって、肥満を回避しながら子供の身長を伸ばせるのがメリットです。

 

 

子供の身長を伸ばすのに必要なもの トップ