いじめを受ける子供の身長が伸びにくい理由

いじめを受ける子供の身長が伸びにくい理由として考えられるのは、いじめによる精神的なダメージの影響があると思います。

 

いじめを受けたことによるショックで食事量は減るし、睡眠時間も減るでしょう。

 

まさに負のスパイラルに陥っています。

 

食生活を変化させること

子供が小学生ぐらいになると、残念なことにいじめを受けることがあります。

 

もし、そのいじめが身長が低いことによるものであれば、親としては子供の身長を高くする必要があります。

 

子供の背丈が伸びにくいとしても、18歳から20歳ぐらいまでは伸びますし、小学生ぐらいであればこれからいくらでも伸びますので、いじめの対象から外れることが期待出来ます。

 

 

まず、背丈を伸す方法としては、できるだけ食生活を変えることです。おそらく食生活を変えるのが一番簡単なやり方ではないでしょうか。

 

食生活を変える具体例としては、できるだけ普段の食事にタンパク質を取り入れることです。

 

タンパク質は、骨の軟骨部分を成長させ、身長を伸す働きがあります。タンパク質の含まれて居る食べ物や飲み物は、豚肉や牛乳・魚・大豆などになります。

 

毎日牛乳を飲ませることを心がけ、魚は定期的に夕食等に出し、大豆を原材料にしているものや、納豆を食べさせるといいでしょう。

 

また子供向け栄養補助サプリメントもおすすめです。

 

生活習慣の変化でいじめから脱出せよ

食生活以外にも、生活習慣を変えることが大事になります。

 

生活習慣を変えることは、すぐには難しいですが、長期的に意識して取り組むことで結果を出すことができます。

 

生活習慣の中でまず取り組みたいのが、睡眠です。

 

なぜなら、子供は寝ている時に成長ホルモンが分泌されるからです。

 

その成長ホルモンの分泌を助けるのが、十分な睡眠なのです。

 

睡眠を十分にとることで、身長は伸びていくでしょう。

 

ただやはり睡眠よりも栄養の方が子供の身長を伸ばすうえでは大事です。

 

また、もし今まで子がテレビや漫画、ゲームなどをして寝ない生活が習慣付いていれば、それを直すのに時間がかかります。

 

ですが、地道に取り組むことで成果を出すことは決して難しくないはずです。

 

ちなみに、小学生の平均的な睡眠時間は低学年で10時間、高学年だと9時間です。

 

もし、現状がそれ以下の場合は、平均睡眠時間以上とらせる方法を考えて行くことが大事です。

 

睡眠以外にも、普段からの運動は重要です。できるだけ外に出て遊ばせましょう。

 

 

子供の身長を伸ばすのに必要なもの トップ