子供の身長を伸ばすにはタンパク質とカロリーが重要

成長期の子供に必要なものはたくさんありますが、たんぱく質の摂取は必須です。

 

またカロリーの摂り過ぎにも注意が必要です。

 

子供の身長を伸ばすならタンパク質が必須

いろいろな栄養素がある中で、子供の身長を伸ばすためには、タンパク質が最も重要な栄養素となります。

 

その理由は、背を伸ばすために必要な骨の土台となるからで、不足してしまうと、骨の形成ができなくなってしまうのです。

 

また背を伸ばす役割を持つ成長ホルモンの材料にもなり、作られた成長ホルモンの分泌を促す効果まであるのです。

 

このようにタンパク質は骨の形成や成長ホルモンの生成や分泌に大きく関わってくるので、食事により摂取することはとても重要なこととなります。

 

それではどのような食事を摂取すればよいのでしょうか。

 

まず含有量が最も多い食品は

しらす干し

です。

 

その中でも半乾燥のものはトップクラスの含有量となっています。

 

骨の形成に重要なカルシウムも豊富なので、ごはんに混ぜたり、サラダに入れるとよいでしょう。

 

次に

まぐろの赤身

です。高タンパクであり、疲労回復効果も高いので、定期的に食べさせたい食品といえます。

 

その他に、

  • かつお
  • 豚ヒレ肉
  • 鶏むね肉

なども取り入れるとよいでしょう。

 

調理法を意識してカロリーにも気を付けよう

肥満に陥った子供は、思春期の時期が早めに来るため、身長の伸びも止まってしまうと言われています。

 

そのためタンパク質の過剰摂取や、調理法にも注意が必要となります。

 

油を多く使った食事はカロリーが高くなり、肥満の原因となる脂質を体内に取り込むことになります。

 

揚げ物を摂取すると、100グラムの食材に対して20グラムもの油を摂取することになります。

 

このことからもわかるように、油を多く使う調理法はなるべく控えた方がよいといえます。

 

茹でる、蒸す、焼く、煮るなどの調理法がよいでしょう。

 

またフライパンを使って炒め物をする際には、なるべく油を減らすことを意識するとよいでしょう。

 

直接フライパンに油を入れると、使いすぎることになるので、食材に油をなじませてから炒めると、油の量を減らすことができます。

 

肉を焼いている間に出てきた油をペーパーで吸い取ったり、フッ素樹脂加工のフライパンを使用するのもよいでしょう。

 

 

子供の身長を伸ばすのに必要なもの トップ